自賠責保険について

自賠責保険による保証

被害者1名の支払限度額は以下の通りです。

■傷害による損害

最高120万円
・診察、入院、投薬、手術、治療にかかる費用
・診断書の発行にかかる費用通院にかかる交通費(タクシー代など)
・交通事故証明書、被害者側の印鑑証明、住民票等
・休業損害 原則として1日5700円。
・慰謝料 1日につき4200円が支払われます。

■後遺障害による損害

最高4000万円(※限度額は等級別に定められています。)

■死亡による損害

最高3000万円 これに足りない場合は、任意保険からの支払いになります。

~自動車・バイクを購入したら必ず加入すべき自動車保険~

自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2つがあります。
自賠責保険とは、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が義務付けられている自動車やバイクの保険で、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。

自動車・バイクの所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険とも呼ばれています。

損害保険会社が取り扱う「自賠責保険」のほかに全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」がありますが、基本的に内容は同じです。

この自賠責保険とは、『被害者の救済』を第一の目的としており、対人賠償に限られています。 対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをいいます。

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。
もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

不運にも事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りするのを未然に防ぐのが自賠責保険といえます。

以下が、自賠責保険の支払い限度額となっています。

■傷害による損害

最高120万円
・診察、入院、投薬、手術、治療にかかる費用
・診断書の発行にかかる費用
・通院にかかる交通費(タクシー代など)
・交通事故証明書、被害者側の印鑑証明、住民票等
・休業損害 原則として1日5700円。
・慰謝料 通院1日につき4200円。

■後遺障害による損害

最高4000万円(※限度額は等級別に定められています。)

■死亡による損害

最高3000万円
*金額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありません。 このように、自賠責保険は限度額があります。
また、自賠責保険では第3者の”他人”の死亡やケガに対してのみの支払いですからこれだけでは十分な補償とはいえません。 加害者本人や車両などの物の損害、自賠責の支払い限度額を超えた分については、一切補償がありません。
そこで、これを補うのが任意の自動車保険になります。

→任意保険とは

なお、自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に「たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的」で、これを”無過失責任”と呼んでいます。

簡単に言うと ごく普通に自動車を運転していて、何の運転ミスもない場合でも相手がケガをした場合は賠償する必要があるということです。

たとえば
交差点での右折車Aと直進車Bの事故で、Aがケガを負った場合。

後に過失割合がA:B=6:4となっても 自賠責上ではAが被害者、Bが加害者となります。
過失の大小に関わらず、ケガをした人、死亡した人が被害者となるのです。


アトム接骨院カテゴリー






平日(土曜日除く)
午前9:00~12:30
午後15:00~20:30
土曜日
午後17:00まで
お休み
日曜日・祝日

交通事故提携法律事務所


〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町5-2 飯田ビル1F
TEL:048-881-0313
診療時間:平日9:00~12:30/15:00~20:30
日曜祝日は休診